遊具いっぱい!子どもたち歓声 飯舘「ふかや風の子広場」開所

 
屋内運動施設で遊ぶ子どもたち=9日午前10時20分、飯舘村

 飯舘村深谷地区の復興拠点に整備された多目的交流施設「ふかや風の子広場」の利用が9日、始まった。あいにくの雨模様だったが、屋内にある多彩な遊具で遊ぶ子どもたちのはしゃぐ声が響いた。

 屋内運動施設には、木製の滑り台が目を引く木育広場のほか、パズルや積み木などの木のおもちゃが設置され、子どもたちを楽しませている。芝生が広がる屋外には、趣向を凝らした12基の大型遊具を整備した。

 家族で村に帰省し、訪れたいわき市の会社員女性(39)は「木のぬくもりを感じることができ、子どもも楽しんでいる様子だった。広場が帰村につながるきっかけの一つになってほしい」と話した。

 施設は、子育て世代の定住や交流人口の増加による地域活性化などを図ろうと村が整備した。いいたて村の道の駅までい館の北側に隣接している。屋内運動施設の利用時間は午前10時~午後4時。水曜日は休み。

 新型コロナウイルス感染予防のため、入館人数を制限し、館内を小まめに消毒している。