福島県内2人新型コロナ感染 郡山70代男性、田村50代男性

 
新型コロナウイルス感染を確認した人数

 県と郡山市は10日、同市の70代男性と田村市の50代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。いずれも軽症で入院中。県内の感染確認は2日ぶりで計98人となった。

 70代男性は8日に感染が確認された郡山市の30代会社員男性と同居する家族。濃厚接触者として9日にPCR検査を受けた。陽性が疑われる弱い反応が出たため再検査を受け、10日に陽性と判明した。再検査を受けた9日から市内の医療機関に入院しており、9日に喉の違和感や37.7度の熱の症状が現れた。無職で介護施設やデイサービスの利用はないという。

 30代男性の濃厚接触者は24人おり、今回感染が確認された70代男性を除く23人(市内13人、市外10人)は陰性だった。

 田村市の50代男性は会社員で、平日は東京都や埼玉県などに単身赴任して勤務しており、週末に田村市の自宅に戻っていた。

 8日まで首都圏で働き、同日夜に38~39度の熱やだるさの症状が現れた。9日に田村市の自宅に車で帰宅後、医療機関を受診、10日のPCR検査で陽性と判明した。田村市に同居する家族がいるため、保健所が濃厚接触者の有無を調べている。感染経路について県は「首都圏由来の可能性が高い」としている。

 ◆福島50代男性が退院

 県は10日、新型コロナウイルスに感染して入院していた福島市の50代男性が退院したと発表した。現在入院しているのは10人。