人々励ます生き方共感 登山家の故・田部井淳子さん書籍の英訳本

 
2017年に出版された「HONOURING HIGH PLACES」

 10日は「山の日」。三春町出身の登山家田部井淳子さん(享年77歳)の生き方が海外の女性を中心に注目を集めている。女性として世界で初めてエベレストに登頂し、女性初の7大陸最高峰の登頂にも成功した田部井さん。その言葉や人生などを紹介する英訳本を通して共感する女性が増えている。

 「人生の最後まで山登りを続け、人々を間接的に励ました。こんなに面白く、素晴らしい人だったと世界に向けて発信したかった」。英訳本の出版を企画した平木裕実子さん(カナダ在住)は話す。山岳ガイドの平木さんは2002年に仕事を通じて知り合った、田部井さんの魅力を知る一人だ。

 米国で昨秋に出版されベストセラーになったヒラリー・クリントン氏と娘チェルシーさんの共著「The Book of Gutsy Women(勇気のある女性の本)」にも田部井さんは登場。困難を乗り越え、偉業を成し遂げた女性の一人として田部井さんが紹介された。海外では子ども向けの海外アニメにも登場したほか、英国のラジオ番組でも紹介されている。

 平木さんが出版を考えたのは14年秋。がんと闘病していた田部井さんの近況を知った時だった。田部井さんに相談すると「出そう、出そう。普通のおばさんが頑張っているうちにエベレストに登れちゃったという基調にしてね」と喜んでくれたという。

 これまで日本で出版された田部井さんの書籍内容を抜粋。英訳本のプロ編集者の協力を得て、3年間にわたり作業に取り組み、396ページの書籍を完成、3年前に出版した。本のタイトルは「HONOURING HIGH PLACES(高いところをたたえて)」。平木さんは「完成本を田部井さんに見せてあげられなかったのは残念だけど、(田部井さんを知る人の)裾野は広がった」と反響を感じている。