「プロダンスリーグ」発足!Ruuさん指導者に 21年1月開幕

 
「アイ・ムーン」のディレクターに就くRuuさん

 日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(ディーリーグ)」が来年1月10日に開幕することが決まった。国内企業が参画し、8チームが12回戦のシーズンで順位を競う。本県関係では、USEN―NEXTホールディングス(HD、東京)が運営するチーム「アイ・ムーン」のディレクターに福島市出身のダンサー・振付師のRuu(ルウ)さん(28)=本名・後藤瑠奈=が就く。

 主催者のDリーグが12日、発表した。各チームのパフォーマンスは、競技規則に従って採点する。シーズン終了後、上位4チームによるチャンピオンシップを展開し、来年6月末に初代王者が決まる見通し。

 Dリーグによると、国内のダンス競技人口は約600万人、市場規模は数千億円といわれている。プロリーグは、ストリートダンスの裾野拡大やプロの育成などを目的に発足する。

 Ruuさんは福島市の女性ダンスチーム「Fabulous Sisters(ファビュラス シスターズ)」を指揮し、世界的コンテスト「ワールド・オブ・ダンス」で2016年、17年に連覇を達成。18年にはNHKの紅白歌合戦に初出演した。プロリーグ発足に向けて「一人一人が最大限努力し、たくさんの人に応援してもらえるチームにしたい」とコメントした。参画企業、チーム名次の通り。

 エイベックス=ロイヤルブラッツ▽コーセー=エイトロックス▽サイバーエージェント=レジット▽セガサミーHD=ルクス▽セプテーニHD=ラプチャーズ▽フルキャストHD=レイザーズ▽ベネフィット・ワン=モノリス▽USEN―NEXTHD=アイ・ムーン