いわきで「爆破予告」ネット書き込み いわき市が点検など強化

 

 いわき市は13日、インターネット上の掲示板で市役所や駅、商業施設などの爆破を予告する書き込みがあったと発表した。市は公共施設や民間施設などに注意を求めたほか、点検や巡回を強化する方針。

 市によると、書き込みは12日午前2時40分ごろ、ネットの匿名掲示板に投稿されたという。同日午前10時30分ごろ、市民からの問い合わせで分かった。

 投稿には「8月17日水曜日の午後4時33分にいわき市役所、近隣駅、商業・娯楽施設に仕掛けた爆弾が爆発する」と書かれていたほか「原子力発電所にガソリンをまいた後、手りゅう弾を投げ込む」との内容もあった。

 福島第1、第2原発を管理する東京電力は「警備態勢を維持して対応したい」とした。

 いわき中央署は、指定された17日と水曜日に当たる19日を中心に巡回などの警戒を強める。

 市によると、12日には宮城県気仙沼市や大阪府貝塚市など計5カ所に同様の予告があったという。