磐城が完全燃焼...東京・国士舘に3-4惜敗 甲子園・交流試合

 
【磐城―国士舘】2回表磐城2死三塁、中前適時打を放つ沖=甲子園球場

 2020年甲子園高校野球交流試合第4日は15日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた。第2試合に登場した磐城は国士舘(東京)に3―4で惜敗したが、1995(平成7)年夏の甲子園大会以来となる25年ぶりの舞台で躍動した。

 磐城は2回、無死満塁の好機から、首藤瑛太(2年)の二ゴロ併殺の間に三走岩間涼星(3年)が生還し、先制。続く沖政宗(同)の中前打でさらに1点を加えた。

 3回に3失点し逆転された磐城は、6回表2死一、二塁の場面で草野凌(同)が中前打を放ち同点に追い付く。だが、直後の6回裏に連打を浴びるなどして勝ち越しを許した。

 エース沖は完投。4失点したが、フォームに変化を付けるなど的を絞らせない投球で、何度もピンチをしのいだ。

 交流試合は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった選抜大会の出場校を招待して開催。磐城は21世紀枠で選抜大会への出場権を得ていた。

 【8月15日・磐城の試合結果】2020年甲子園高校野球交流試合