新型コロナ「感染」郡山60代女性、郡山50代男性、白河30代男性

 

 県と郡山市は15日、同市の60代女性と50代男性、白河市の30代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。女性は軽症、男性2人は無症状で、いずれも医療機関に入院した。県内の感染確認は4日連続で計105人。

 郡山市の60代女性は8日に感染確認された同市の30代男性の同居家族。濃厚接触者として9日にPCR検査を受けた際は陰性で自宅で健康観察を続けていた。13日に発熱し症状が続いたため再度PCR検査を受け、陽性が判明。30代男性の濃厚接触者を巡っては、10日に同居家族の70代男性の感染も確認されている。

 同市の50代男性は東京の企業に勤め、都内の社員寮に住み、月1回程度、同市の自宅に戻っている。男性は10日午後に新幹線で都内からJR郡山駅に移動。その後に同僚の感染確認の連絡を受け、濃厚接触者としてPCR検査を受けた。男性は10日と12日、市内の店にマスクを着け、買い物に出掛けた。郡山市の2人の濃厚接触者はいない。

 入院中16人、1人重症

 県内の感染者105人のうち、入院中は16人で、うち1人が重症。