県産品集め販売コーナー「福鳥商店街」 ホテルサンルート福島

 
ホテルサンルート福島に設置された販売コーナー「福鳥商店街」

 福島市のホテルサンルート福島は、ホテルのフロントの脇に県産品を販売するコーナー「福鳥(ふくのとり)商店街」をオープンした。川俣シャモ地鶏カレー(川俣町農業振興公社)や飯坂温泉グラノーラ(飯坂グラノーラ工房)などの地元産品を販売している。

 「福鳥商店街」は、震災と原発事故の風評払拭(ふっしょく)を目的に、第一印刷(福島市)が運営する県産品紹介の取り組み。

 県内外から訪れる宿泊客やビジネスマンに県産品の認知度を高めようと、同ホテルが第一印刷に取り組みへの参加を申し出た。同市出身の作曲家古関裕而ゆかりの商品も販売している。

 同ホテルの山本信介取締役副総支配人(39)は「多くの宿泊者に福島のいいものを知ってもらい、観光につなげたい」と話した。