「トランスイート四季島」20年度初運行 JR会津若松駅で見送り

 
出発する四季島に手を振って見送る関係者ら=16日、会津若松市

 新型コロナウイルスの影響で休止されていたJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」の運行が再開され、16日には再開後初めて、乗客が会津を観光した。会津若松市のJR会津若松駅では、観光を終えた乗客に地元の関係者や駅職員らが手を振り、上野駅への出発を見送った。

 今回の四季島は、15日に上野駅を出発した、再開後初の運行。乗客は1泊2日の旅程で山梨、長野両県と会津を巡った。

 見送りには室井照平市長らが参加。会津の縁起物「赤べこ」のアクセサリーを、乗務員を通して乗客に贈った。室井市長は「体調管理に気を付けながら、四季島での旅行を楽しんでもらいたい」と話した。

 四季島は2017(平成29)年に運行開始。新型コロナの影響で、今年4月から運行を取りやめていた。