県民の宿泊費補助、10月末まで延長 県、予約申込数制限も解除

 

 県民の宿泊費を1泊1人当たり5000円補助する「県民割」で、県は宿泊対象期間を10月31日まで延長し、1人1回としていた予約申込数の制限も解除する。県などが17日、発表した。

 当初、対象期間は8月末だったが、7万泊分が残っているため延長する。1人何回でも予約可能となるが、連泊の場合は3連泊までが割引の対象となる。

 予約方法は、宿泊施設へ直接連絡するか、電話やインターネットで旅行会社を通して申し込む2通り。宿泊施設への直接予約は500宿が実施しており、予定数に達して受け付けを終了した約100宿については、期間延長と併せて増枠する。旅行会社は111社が実施している。

 対象の宿泊施設や旅行会社は県観光物産交流協会のホームページ「ふくしまの旅」に掲載されている。県民割専用コールセンター(電話0570・000337、平日午前9時30分~午後5時30分)でも紹介している。県民割は、県内の旅館・ホテルなどでの税抜き7000円以上の宿泊について、1泊当たり5000円を値引きする。ビジネス目的の宿泊は対象外。