新型コロナ感染のいわきFC選手退院 8月18日から練習に参加へ

 

 県は16日、新型コロナウイルスに感染し入院していたいわきFCの寺村浩平選手(19)が退院したと発表した。寺村選手は7日に陽性が判明し、症状はないが入院していた。

 いわきFCによると、寺村選手は18日から練習に参加する予定という。また、チームは今後、選手全員と田村雄三監督らチームスタッフのPCR検査を実施する予定。チームは10日から、感染防止策として選手を少人数グループに分けて練習を行っている。