踊り子の少女、新盆の家巡り供養 玉川「南須釜の念仏踊り」

 
舞で霊を供養する踊り子

 玉川村の「南須釜の念仏踊り」は14日、同村の新盆の家で行われ、少女たちが舞で先祖の霊を供養した。

 踊り子7人が新盆の家3軒を巡り、亡くなった霊を供養するために踊った。踊りは県重要無形文化財に指定されている。

 今年は新型コロナウイルス感染症拡大を受けて規模を縮小し、東福寺での踊りは中止した。