いわきFC選手とスタッフ全員陰性 新型コロナ・PCR検査

 

 サッカーのいわきFCは18日、選手とチームスタッフの計30人に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を行い、全員の陰性を確認した。チームを運営するいわきスポーツクラブが同日、発表した。

 同社によると、7日に陽性が判明し、入院を経て陰性が確認され、16日に退院した選手(19)は18日から練習に復帰した。また、同選手の濃厚接触者と判断されて自宅待機している3選手はすでにPCR検査で陰性が確認されているため、今週中にも練習に参加する。

 チームは感染防止対策を継続した上で、19日から全体練習を再開する。23日に大分市で行われるJFLリーグ戦第17節のヴェルスパ大分戦に向けて調整する。

 担当者は「感染対策を徹底し、試合に向けてチーム一丸となって準備したい」とした。