伊達のイオンモール出店、市が地区計画素案提出 福島県と協議へ

 

 イオンモール(千葉市)が福島県伊達市堂ノ内地区への出店を計画している大型商業施設「イオンモール北福島(仮称)」について、伊達市は18日、建設に向けた地区計画の素案を県に提出、県との本格的な協議に入った。

 市によると、素案には面積や土地利用の方針のほか、建築物の建ぺい率の最高限度などが盛り込まれている。市は年内の計画策定を目指している。

 同地区は、新たな開発が抑制される市街化調整区域に含まれているが、地区計画を策定すればその範囲内で土地の造成が可能になる。

 市はこれまでも、地区計画策定へ向けて県と事前相談を重ねてきた。