若松市長「拡大防止協力を」 初の感染確認、冷静な行動求める

 

 会津若松市での初となる新型コロナウイルスの感染確認を受け、室井照平市長は19日、コメントを発表した。全国的に感染拡大の傾向が続く中で、県外との人の往来が増えていることを踏まえ「新しい生活様式の実践による感染拡大防止への協力を」と呼び掛け、冷静な行動を求めた。

 また、室井市長は「いつ、どこで、誰が感染してもおかしくないのがこの新型コロナウイルス感染症だ」と強調。感染された人を特定したり、偏見や差別的な言動をしたりすることが決してないように訴えた。