幸楽苑が「自動配膳ロボット」導入 27日、本宮店で実証実験

 
人工知能(AI)を活用した「K―1号」

 ラーメン店「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングス(郡山市)は27日、本宮市の幸楽苑本宮店で、注文を受けた商品を客のテーブルまで届ける自動配膳ロボット2機の実証実験を始める。同社によると、ラーメン業界で配膳ロボットを導入するのは国内初という。

 ロボットは、人工知能(AI)を活用した「K―1号」。来店した客がテーブルのタブレット端末で注文すると、料理が出来上がり次第、ロボットがトレーに乗せて席まで届ける。頭のセンサー部分に手をかざすと、ロボットは調理場に戻る。

 同社は、配膳ロボットを活用することで、新型コロナウイルスの感染予防や、店舗スタッフの負担軽減につなげたい考え。実証実験の成果を検証して他店でも導入を進めるとしている。