各町村の特徴、オンラインツアーで紹介 大学生や社会人らに県

 
県内外の大学生らに向けて役場の仕事をPRする只見町職員

 県は20日、オンラインによる町村役場見学ツアーを開いた。各自治体の町村長や若手職員らがオンライン会議システムを通じ町村の特徴などを紹介した。

 町村職員の採用活動を支援し、就職希望者とのマッチングを図るため企画。県内外の大学生や社会人ら町村職員の仕事に興味のある人が対象で、2日間で県内外の参加者109人から申し込みがあった。

 初日の20日は只見、南会津、西会津、昭和、会津美里の各町村の町村長や職員がオンラインで役場を案内したりした。このうち、只見町では若手職員が町職員になった理由や仕事のやりがいなどを語った。

 21日も午後1時30分から、葛尾、桑折、国見、中島、石川、玉川の各町村がツアーを行う。問い合わせは県市町村行政課へ。