消防士を目指す人たちへ『エール』 福島市消防本部が職業体験会

 
消防の仕事を学んだ職業体験会

 福島市消防本部は20日、同市の飯坂消防署で職業体験会「消防、見(み)『エール♪』」を開いた。参加者は消防の仕事を学び、志を高めた。

 消防士を目指す人たちへ"エール"を送ろうと、高校1年生から25歳を対象に開催。新型コロナウイルス対策として人数を制限して数回に分け、2回目は女性限定で実施した。

 参加者は放水や煙の中を歩く模擬体験を通じ、消防活動を肌で感じた。救急救命士になるため専門学校に通う同市の男子学生(19)は「普段聞けない話を聞き、実際に訓練に参加できて良い経験になった」と話した。