東京など感染拡大...「慎重行動」改めて求める 県民に内堀知事

 

 県内で新型コロナウイルス感染が増加傾向にあることを受け、内堀雅雄知事は20日、東京都など感染が拡大している地域に移動する際、必要性を判断するなど慎重に行動するよう県民に改めて求めた。

 県庁で同日開かれた感染症対策本部員会議で内堀知事は、7月以降の県内感染者の感染経路について「県外で感染した方と、その方の濃厚接触者として感染した方が多いと考えられる」と指摘。感染が拡大している地域に移動した場合は会食や宴会を控えるなど「自分の身を守る行動をお願いしたい」と述べた。

 また、感染が拡大している地域から移動してきた家族らと一緒に過ごす際、マスク着用などの感染防止対策を徹底するほか、体調に異常を感じたら外出せず、速やかに帰国者・接触者相談センターに連絡するよう呼び掛けた。内堀知事は「社会活動、経済活動を維持していく上で今後も感染者が発生することは避けられない。陽性となった方や関係者、医療従事者に対する差別や偏見は絶対にしないでほしい」と求めた。