伊達市と建設業協会が協定 災害廃棄物処理、東日本台風を受け

 
協定を締結した須田市長(右)と大沼会長(右から2人目)

 伊達市と伊達市建設業協会は17日、災害時の災害廃棄物処理などの協力について協定書を締結した。

 昨年10月に発生した、東日本台風を受けて締結した。

 協定書には災害発生時、市が同協会へ災害廃棄物の撤去や収集、運搬の応援協力を要請することなどを盛り込んだ。

 締結式が市役所で行われ、須田博行市長と大沼貞生会長が協定書に署名、調印した。

 須田市長は「災害発生時には力添えをお願いしたい」、大沼会長は「市民のために力を合わせて技術、機動力を生かした復旧に努める」と話した。

 同協会の森勝男副会長、山崎操副会長らが同席した。