郡山市職員60代男性感染 7日連続確認、業務中市民との接触なし

 

 郡山市は23日、市富田行政センターに勤務する同市の60代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。男性は、クラスター(感染者集団)化した同市の合唱練習に参加し、20日に陽性が分かった須賀川市の30代男性の同僚で、濃厚接触者。県内の感染確認は7日連続の計125人で、今月だけで36人となった。

 市によると、男性は常勤で補助業務などを担当しており、窓口などでの市民との接触はなかったという。23日にPCR検査で陽性が判明し、発熱などの症状も出た。軽症で、市内の医療機関に入院中。

 男性は17、18両日の業務中に30代男性と接触。20~21日は家族と一緒に車で中部地方に旅行に出掛けていた。旅先で連絡を受けて帰宅し、22日にPCR検査を受けた。男性の濃厚接触者は同市に住む家族2人で、市がPCR検査を実施する。

 30代男性の職場関係の濃厚接触者は、同センターの職員ら計17人。60代男性以外の16人については陰性が確認されたという。

 郡山の50代男性退院

 県は23日、新型コロナウイルスに感染し入院していた郡山市の50代男性が退院したと発表した。県内の感染者125人のうち、県内の入院者数(予定含む)は計30人となった。