「消毒用アルコール」引火しやすく 霧状に注意、火災の原因に

 
消毒用アルコールを吹き掛けると、ろうそくの火は激しく燃え上がった

 新型コロナウイルスの感染予防として一般家庭で消毒用アルコールを使う機会が増える中、福島市消防本部は、消毒用アルコールが火災の原因になり得るとして、注意を呼び掛けている。

 市消防本部によると、消毒用アルコールは引火しやすく、特に霧状に噴射されると気付かないうちに広がり、引火につながる恐れがあるという。そのため詰め替えを行う際や、容器の破損などでアルコールが漏れていた場合には、十分に拭き取って換気をするよう求めている。

 最近はいつでも使えるよう車内に持ち込むケースもあるが、この時期は車内の温度が上昇。アルコールが気化して充満し、小さな火花でも簡単に着火する恐れもあるという。気化したアルコールが容器を圧迫して容器が破損すると、液が漏れ出し、さらに着火する危険が高まるとしている。

 同消防本部の七島真司予防課長は、使用の際は火元が近くにないことや保管する際は直射日光を避けるなどの対策を求めた上で「安全管理をしっかりして、正しい使用・保管を徹底してほしい」と話している。