相馬、南相馬...開設2海水浴場「客数減」 遅い梅雨明けも要因

 

 23日に今季の開設期間を終えた相馬市の原釜尾浜海水浴場と南相馬市の北泉海水浴場の入り込み客数が24日までに、まとまった。原釜尾浜が1万8153人で昨年比1917人減、北泉は2万3857人で昨年比1万3875人減だった。

 相馬市観光協会や南相馬市によると、例年より遅い梅雨明けや新型コロナウイルスの影響による学校の夏休み期間の短縮、外出自粛が減少要因。海水浴場でイベントが自粛されたことも影響したという。期間中に大きな混乱はなかった。