「原子力推進看板」展示へ 6ゾーン構成、伝承館9月20日開館

 
双葉町に掲げられていた原子力推進の広報看板

 県は25日、9月20日に開館する「東日本大震災・原子力災害伝承館」の展示内容を一部公表した。複合災害の発生を描く「災害の始まり」ゾーンには、双葉町で長年にわたり原子力の推進を訴えた看板「原子力 明るい未来の エネルギー」の大型写真グラフィックを掲出し、「負の遺産」として後世に教訓を引き継ぐ。

 施設の展示エリアは震災・原発事故の時系列に沿った六つのゾーンで構成。県は資料として約24万点を収集しており、津波で被災した郵便ポストやガードレール、野生動物に荒らされた住家のふすま、避難先でのメッセージが残る黒板の実物など約150点を展示する。資料は定期的に更新し、来場のたびに新たな発見や教訓を得られる場とする。

 29人の語り部が自らの体験を紹介するエリアも設け、震災、原発事故の悲惨さを肉声で伝える。県によると、原子力推進の看板は双葉町から実物の展示を求められているが、縦2.7メートル、横3.7メートルと大型のため、屋外への展示も含めて可否を検討しているという。