職員が感染...二本松市役所「閉鎖」 夏風邪と診断、勤務を継続

 
新型コロナの感染確認を受け、防護服を運び込む市職員=25日午後、二本松市役所

 職員の新型コロナウイルス感染の確認を受け、二本松市は25日、職員が勤務していた市役所本庁舎を閉鎖した。市は出勤前の検温など全職員の体調把握に努めていたが、今回の職員はかかりつけ医に夏風邪と診断されたことなどから勤務を続けていた。同日記者会見した三保恵一市長は、体調確認の方法を見直した上で「感染拡大防止のため厳しく迅速に対応する」と述べた。

 市は同日午後0時45分から消毒作業などのために本庁舎を閉鎖、全ての業務を停止した。作業が終了したため、26日午前8時30分から業務を再開する。

 本庁舎では閉鎖後、正面玄関を除く全ての入り口が施錠された。正面玄関では職員6人が訪れた市民に、職員に感染者が発生したことや各支所などを利用してほしい旨を案内するなど来庁者の対応に追われた。

 庁舎の消毒は、県北保健所の指導を受けて本庁舎の職員約400人が実施。マスクや手袋などを着用し、2時間半かけてテーブルや椅子、カウンターなどを消毒液で拭き取った。

 市によると、感染が確認された職員は教育施設の改修や修繕を担当。本宮市の自宅で妻と長女の3人で暮らしている。直近で県外を訪れたり、県外から来た人と会ったりはしていないという。

 17、18の両日に微熱が出て二本松市内のかかりつけ医を受診したが、夏風邪と診断されたという。19日には熱が下がったために同日から21日まで勤務した。職場の同僚は、職員がPCR検査を受けることになったために25日朝から自宅待機している。

 市の職員は自宅で検温してから出勤。出勤後も幹部職員が体調を確認し、感染が疑われる職員は自宅待機させることになっている。しかし、職員の感染が確認されたことから、市は体調確認方法を見直すほか感染防止策を徹底するよう改めて職員に促すとしている。