科学って面白いよ!中学生に魅力紹介 三春で福島高生が実験披露

 
ガウス加速器の実験に取り組む生徒たち

 文部科学省のスーパーサイエンスハイスクールに指定されている福島高の生徒たちは23日、三春町の県環境創造センターコミュタン福島で各種実験を披露した。中学生が参加し、科学を通して交流した。

 コミュタン福島の科学クラブ「コミュタンサイエンスアカデミア」で学ぶ県内各地の中学生が参加。同校スーパーサイエンス部を講師に招いた。高校生たちはスーパーサイエンス部の活動を紹介。バナナからDNAを抽出する実験、スーパーボール制作体験、磁石を使って物体の放出速度を増す「ガウス加速器」の実験などを紹介し、中学生に科学の魅力を伝えた。