ヨークベニマル『商品開発』販売...売り上げ一部を医療従事者に

 
3年仕込み醤油を使った「いわし生姜煮」

 ヨークベニマル(郡山市)は、県内の生産者支援のため開発した商品「3年仕込み醤油(しょうゆ)を使ったいわし生姜(しょうが)煮」を全店で販売し、売り上げの一部を県内の医療従事者のために寄付する。28日に発表した。

 いわき市の小名浜港で水揚げされたイワシと、いわき市のヤマブン味噌(みそ)・醤油醸造元の「3年仕込み醤油」を使い、同市の小泉食品泉工場で加工した商品。郡山市の「懐石料理こと」の料理人小林盛夫さんが監修した。ショウガをふんだんに使い、臭みなく骨まで軟らかく煮込んだ。1袋4匹入りで321円。9月1日~10月31日に全231店で販売する。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療従事者への支援として、同商品の売り上げの一部を、県を通じて県内の医療従事者に届ける。

 200品の値下げ継続

 ヨークベニマルは9月1~30日、営業中の全231店で、食料品と日用品合わせて約200品を値下げする。来年2月まで、商品内容を見直しながら毎月実施していく予定。

 昨年10月から始め、今年2~8月にも実施した300品が対象の値下げが好評だとして、商品を200品に絞って実施する。