「雇用創出」など協定 広野町と運送業・ライジング

 
協定書を交わす遠藤町長(右)と賀沢社長

 広野町は28日、同町東町産業団地に進出を計画する運送業のライジング(本社・楢葉町)と雇用創出などに関する協定を結んだ。

 同社は、来年度中に団地内の約1ヘクタールの敷地に事務所や物流倉庫、ターミナルなどを整備する予定。地元から5人以上の雇用を予定している。

 協定締結式は町役場で行われ、遠藤智町長と賀沢亨男社長が協定書を交わした。

 遠藤町長は「(震災、原発事故から)新たな10年に向けて、共に力を合わせて歩みたい」、賀沢社長は「経済交流と雇用促進に尽力したい」と決意を述べた。