郡山・ホストクラブで「クラスター」 新型コロナ、県内6人感染

 

 県などは1日、郡山市の20~40代の男性4人と30代女性、南相馬市の30代男性の計6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。郡山市の男性4人は8月29日に感染が判明した同市の30代男性が経営するホストクラブ(郡山市駅前)の従業員。この店舗での感染確認は計5人で県内7例目のクラスター(感染者集団)に発展した。

 県内にある飲食店でのクラスター発生は初めて。経営者の男性は8月22~26日に仙台市、大阪府、北海道を巡り、27日に従業員4人と接触した。30代女性は経営者の知人で、ホストクラブ以外で会った。従業員4人と女性は軽症もしくは無症状で全員入院した。

 市によると、ホストクラブには他に従業員4人がおり、うち2人は検査で陰性だった。女性の濃厚接触者は少なくとも4人で、うち家族3人は陰性。

 また南相馬市の30代男性は作業員で、同市と県外の自宅を行き来している。軽症で入院予定。

 県内の感染確認は16日連続で計167人となった。

 郡山市、利用者に相談呼び掛け

 郡山市は27日夜~29日朝にホストクラブを利用した人が濃厚接触者に当たるとみて市保健所(電話024・924・2163)または帰国者・接触者相談センターに相談するよう呼び掛けている。市は周辺にホストクラブが少なく、来店者が店を判別できるとして店舗名を公表していない。