『ウルトラキャラ』集めよう!福島県でARスタンプラリー開始

 
JR須賀川駅前のARポイント。ウルトラヒーローとの撮影が楽しめる

 スマートフォンの拡張現実(AR)技術を使ってスタンプを集める「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2020」が1日、県内7エリアでスタートした。11月30日まで。円谷プロダクションの企画協力。

 専用アプリを使い、7エリアの12コースに設定された34カ所のARポイントでウルトラヒーローや怪獣を撮影。1コースをクリアするごとに各所の「スタンプラリー景品交換所」でオリジナルステッカーがもらえるほか、3、6、全コース達成でもらえる応募券を送ると抽選で賞品が当たる。

 今年は新コースに加え、テレビで放映中の最新作「ウルトラマンZ」で活躍する新ヒーロー「ウルトラマンゼット」も登場する。

 専用アプリは公式ホームページ(https://ultrafukushima.com/)で無料ダウンロードできる。今年は新型コロナウイルス感染防止対策をホームページで周知。感染状況に伴いコースを閉鎖せざるを得なくなった場合は、屋内で遊べる企画も準備している。