中山間地に自動走行「配送ロボ」 若松で21年春・実証実験開始

 

 システム開発企業のTIS(東京都)は来春にも、会津若松市の中山間地域で自動走行ロボットを使った配送サービスの実証実験を開始する。データ通信で動く無人の自律移動ロボットを交通量が少ない生活道路や農道で走らせ、荷物を運ぶ。課題を検証し、将来的に同市などでの配送サービスの実現を目指す。

 道の駅など地域コミュニティーの拠点からロボットに荷物を積み込み、貨客混載したコミュニティバスでロボットを移送。中継ポイントでロボットを降ろし、生活道路や農道をロボットが自走する。

 カメラやセンサーで道路状況を把握しながら走るロボットを使用し、雪道や悪路など不安定な場所でも安定走行できるか確かめる。実験場所は今後、同市と協議し選定する。

 実験は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業の一環。少子高齢化が進む中山間地域で、ロボットを使った効率的な配送が可能かどうか検証する。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で物流拠点から住宅などへの配送には「遠隔・非対面・非接触」が求められ、配送ニーズ増加による配達員不足などの問題も顕在化。こうした状況に対応する新たな配送サービスの可能性を探る狙いもある。

 同社は、同市のICT(情報通信技術)オフィス「スマートシティAiCT(アイクト)」に会津センターを置く。会津大と連携し、学内で搬送ロボットによる荷物運搬の実証実験にも取り組んできた。同社の担当者は「さまざまな課題があり実用化は先になりそうだが、社会が抱える課題解決に大きく貢献できる。新しい配送サービスを実現するためIT(情報技術)を提供したい」としている。