役職員58人、新型コロナ「陰性」 職員感染の会津商工信組

 

 会津商工信用組合(会津若松市)は3日、本店営業部で2人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたことを受け、本店建物内で勤務する濃厚接触者以外の役職員58人のPCR検査を任意で実施し、全員が陰性だったと発表した。

 本店営業部では、8月24日に50代女性の感染を確認。同26日には同じ職場の濃厚接触者6人のうち10代男性の陽性が確認され、そのほかの5人は陰性だった。5人は3日、会津保健福祉事務所による健康観察期間が終了し、体調に問題が見られないことから職場に復帰した。