福島・藤田さん親子、70代不明女性を「救護」 福島署が感謝状

 
感謝状を受けた藤田さん(左)と莉緒さん

 福島市で行方不明となった高齢女性を救護したとして、同市の藤田智恵さん(50)と長女の莉緒さん(21)は1日、福島署長感謝状を受けた。

 同署によると、藤田さんと莉緒さんは8月22日午後1時30分ごろ、福島市の農道で倒れていた70代女性を発見。110番通報するとともに女性に水分を取らせるなどの救護をした。その後、女性は市内の病院に運ばれた。熱中症だったという。

 藤田さんは市内で働く看護師。日ごろから似たような症状の患者に接しているといい、「いつも仕事で行っていることをしただけ。次の機会があっても同じように対応したい」と話した。

 女性について同日午前、家族から「散歩に行ったきり帰ってこない」と同署に行方不明届が出されていた。同署で行われた感謝状贈呈式で斎藤圭史署長が2人に感謝状を贈った。