船に巻き込まれ遊泳中の8歳死亡 猪苗代湖で事故、2人が重傷

 
クルーザーに巻き込まれ遊泳客4人が死傷した現場付近を調べる救助隊ら=6日午後2時5分ごろ、会津若松市の猪苗代湖

 6日午前11時ごろ、会津若松市の猪苗代湖の中田浜で、近くのロッジの従業員から「遊泳している人がボートに巻き込まれた」と110番通報があった。遊泳中だった4人が航行中のクルーザーに巻き込まれ、このうち、千葉県野田市の小学生、男子児童(8)が死亡した。

 会津若松署によると死亡した男子児童の母(35)、栃木県栃木市の小学生、男子児童(8)が脚に大けが、死亡した男子児童の兄(10)が打撲など軽いけがを負った。4人は浜から東に約300メートルの沖合で泳いでいたところ、クルーザーに巻き込まれたとみられる。

 クルーザーは全長約12メートルで定員12人。当時は、運転していた男性ら計10人が乗っていたという。クルーザーの乗員にけが人はいなかった。同署は運転していた男性らから話を聞いており、現場の状況などから、業務上過失致死傷の疑いも視野に捜査している。

 同署によると、死亡した男子児童ら4人は二つの家族。死亡した男子児童の父親が運転するボートで浜を出た後、ライフジャケットを着用し、遊泳していた。一方、クルーザーは、ボートなどが停泊している中田浜のロッジから、現場へ遊覧に向かったとみられる。新型コロナウイルス感染症の影響で、今夏の中田浜の湖水浴は中止となっていた。同署が詳しい状況を調べている。