福島県、新たに5人「退院」 新型コロナ感染、郡山50代女性ら

 

 県は6日、新型コロナウイルス感染症で入院していた患者のうち5人が退院したと発表した。県内の入院(予定含む)は計47人となり、うち1人が重症。

 退院が確認されたのは、会津若松市に住む20代の会社員男性、30代の団体職員男性、30代の会社員男性と、郡山市の50代女性、福島市の70代男性の計5人。