キーワードは「未来・希望・豊かな自然」 双葉の伝承館ユニホーム

 
披露されたスタッフユニホーム

 震災と原発事故の記憶や教訓を後世に継承する県のアーカイブ拠点施設「東日本大震災・原子力災害伝承館」(双葉町)が20日に開館するのを前に、7日、スタッフユニホームが報道機関に披露された。

 ユニホームは伝承館スタッフの企画で、婦人服製造・販売のハニーズホールディングス(いわき市)がデザインし、秋冬用ブルゾンと夏用カラーシャツ2種類の計3種類を製作した。スタッフ約20人が着用する。

 未来、希望、豊かな自然の三つのキーワードから、緑色を基調にした。ブルゾンは緑色に濃淡をつけ、春の自然の移り変わりを表現、ファスナーは海の青色を配色した。スタッフの提案で防災をイメージさせる反射材、ペン差しなどの機能を加えた。シャツは緑色と薄緑色の2種類で、双葉郡の特産品であるだるま、シラウオ、カボチャ、ブルーベリーなどの柄をちりばめた。

 引き渡し式が行われ、大内典子ハニーズホールディングス常務が紺野貴史福島イノベーション・コースト構想推進機構事務局長にユニホームを手渡した。

 ユニホーム製作を担当した伝承館スタッフの加井佑佳さん(24)=大熊町出身=は「一体感が生まれすがすがしい気持ち。来館者に感動してもらえるよう準備したい」と話した。

 ユニホームは20日から同施設で販売される予定。数量限定。