三島町の休止ガソリンスタンド、公設民営で再開へ 冬前に不安解消

 

 三島町で唯一のガソリンスタンド(サービスステーション=SS)が営業を終了したことを受け、町は今冬を前に公設民営方式で営業を再開する方針を決めた。7日の町議会全員協議会で示した。14日開会予定の9月議会に関連の条例制定案や予算を含む一般会計補正予算案を提出する。

 町によると、既存施設を譲り受け、町内の企業に運営を委託する方針。給油施設の設置や管理に関する条例を定め、運営費補助金や設備購入費、修繕費計1070万円を計上する見通し。

 町は「早期の営業再開を目指し、冬季の住民の不安を解消したい」としている。