プログラミング10月開校 本宮に教室、小中学生対象

 
体験会でプログラミングに挑戦する親子

 小、中学生のためのプログラミング教室「コードキャンプキッズ」の本宮教室が10月3日、本宮市本宮のMARUKOware2階に開校する。コードキャンプキッズを展開しているコードキャンプ(東京)によると、同プログラミング教室は全国に約30校開校しており、東北では初めて。

 小学1~3年生程度を対象にした入門編のロボットプログラミングコースと、小学3年~中学3年生程度を対象に学習用ソフト「スクラッチ」を使ったスクラッチプログラミングコースの2コースを開講する。いずれも映像教材を見ながら、実際に操作をして、個人のペースに合わせて学ぶことができる。プログラミング学習のほかに定期的に作品発表の場があるのが教室の特徴で、コミュニケーションスキルも養う。

 本宮教室は、オフィス関連用品の販売などを手掛ける本宮市のノジリが運営する。同社の野尻直之社長は「今年からプログラミングが義務教育化され関心も高まっている。子どもの創造性とデジタル社会を生き抜く力を育みたい」と話す。

 授業は週1回で、受講料はロボットプログラミングコースが月額1万円、スクラッチプログラミングコースが同1万5000円。今月12、19、26日の3日間に本宮教室で無料体験会を開く。申し込み、問い合わせは本宮教室(電話0243・33・1508)へ。