「ピーナッツバター」9月19日発売!お菓子の蔵太郎庵が新商品

 
新発売する「会津の天神さまピーナッツバター」

 お菓子の蔵太郎庵(会津坂下町)が19日に発売する新商品「会津の天神さま ピーナッツバター」では、喜多方市のオクヤピーナッツジャパンが手掛けるピーナツを使用する。会津産ピーナツを素いりしたクラッシュピーナツと香り高いピーナツペーストに北海道産有塩バターを合わせた。

 オクヤピーナッツジャパンは会津の約70軒の農家と契約し、ピーナツの乾燥から焙煎(ばいせん)まで一貫して行っている。授産施設で全量手むきした大粒でクリーミーな「あったかピーナッツ」はうまみと香りが最高。バターの塩味、ピーナツの香りと食感を、ふんわりとした甘みのあるブッセ生地でサンドした。

 太郎庵本社工場で7日に開かれた試食お披露目会では、生産農家や報道陣が新味を存分に楽しんだ。太郎庵の目黒徳幸社長は「より良い商品づくりをするのに、地元でいい素材が見つかった」と話した。オクヤピーナッツジャパンの松崎健太郎社長は「これを機にいろんな地元産品に使ってもらいたい」と述べた。

 新商品の価格は1個220円。各店やオンラインショップで取り扱う。問い合わせは太郎庵(フリーダイヤル0120・00・3267)へ。