福島県が『コロナ中傷』相談窓口開設へ 感染者への差別問題化

 

 新型コロナウイルス感染者への非難や中傷が社会問題化していることを受け、県は9日、差別に苦しむ県内患者や家族など、関係者からの相談に応じる専用の電話窓口(電話024・521・8647)を設ける。県が8日、発表した。

 県職員が相談に応じ、会員制交流サイト(SNS)の書き込みの削除方法といった具体的な助言などを行う。特に悪質なものについては県警などの関係機関を紹介し、法的措置を含めた橋渡し役を担う。当面は1回線で運用し、相談件数に応じて体制の強化を検討する。相談受け付けは平日午前9時~午後5時。