新たに「2人」新型コロナ感染 福島県24日連続、富岡で初確認

 

 県などは9日、富岡町の30代男性と相馬市の磯部中に通う女子生徒の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。富岡町での感染確認は初めて。県内での感染確認は24日連続で、計186人となった。

 富岡町の30代男性は環境省が発注する大熊町での仮置き場施工管理業務を担当していた。同省によると1人暮らしで、不特定多数の人と接触する業務ではないという。男性と一緒に働いていた職員は自宅待機中で、保健所が検査の必要性などを判断する。相馬市の女子生徒は8日に感染が確認された同市に住む70代の自営業男性の濃厚接触者。4日以降に発熱などの症状が現れた。2人とも軽症で、入院または入院予定。

 また県は、8日に感染が確認された南相馬市の60代男性の症状なども発表した。男性は自営業で、3日に38度台の熱が出た。家族などが濃厚接触者に当たり、県が順次検査する。中等症。