相馬・女子生徒が新型コロナ感染 登校の中学校2日間「休校」

 

 相馬市は9日、女子生徒の感染が確認された磯部中を10、11日の2日間休校とすると発表した。保健所で濃厚接触者を調査中だが、10日に同校の生徒、教職員計約40人のPCR検査を行う予定。

 市によると、女子生徒は8日に感染が確認された市内の70代男性の孫で、別居していた。男性と接触があったほかの親族は検査の結果、陰性だった。

 女子生徒は8日まで登校しており、市は9日から磯部中の消毒作業を開始した。9日に記者会見した立谷秀清市長は「これ以上感染者を発生させないための対策を徹底したい」と話した。

 また、福地憲司教育長は「本人や生徒らの心のケアが重要だ。感染対策の徹底と必要があればカウンセリングの実施も検討したい」と述べた。