精巧英国からくり人形展示会 本宮・白沢ふれあい文化ホール

 
精巧なからくり人形を楽しめる会場

 西洋のからくり人形「オートマタ」の展示会「ポール・スプーナーの世界 英国自動人形展」は12日から、本宮市の白沢ふれあい文化ホールで開かれる。からくり時計の「書き時計」で知られる鈴木完吾さんの作品も展示する。入場無料。11月1日まで。本宮市、市教委などの主催。

 東京五輪・パラリンピックで、同市は英国の「復興『ありがとう』ホストタウン」となっていることから、英国文化に親しんでもらい、大会への機運醸成を図ろうと開催。英国のからくり人形作家ポール・スプーナーさんの作品約60点を展示する。

 企画協力会社のモーレンの担当者によると、スプーナーさんの作品は、からくり人形で人間の欲望をユーモアに表現しているのが特徴。飽食への警鐘を鳴らす「スパゲティを食べる男」など、愛嬌(あいきょう)のある見た目の中に、深いテーマ性が秘められているという。展示ケースのボタンを押すと、人形が動く姿とからくりの仕掛けを見て楽しむことができる。

 また、10月10、11の両日は、鈴木さんが会場を訪れ、からくり仕掛けによって自動で時間を書く時計「書き時計」の実演会と講演会を開く。両日ともに先着20人で要予約。

 会場では、来場者が触って、からくりの仕組みを体験できるコーナーなどもあり、新型コロナウイルス感染症防止のためビニール手袋を配布する。

 また、マスクの着用を呼び掛ける。

 時間は午前9時~午後5時。月曜日は休館。問い合わせは同文化ホール(電話0243・44・3185)へ。