100万円引き出される 郡山、カードだまし取られた80代女性

 

 郡山市の80代女性が5日、警察官を名乗る女らの話を信じ、キャッシュカード1枚をだまし取られた「なりすまし詐欺」事件で、キャッシュカードを盗まれた後、女性の口座から現金100万円が引き出されていたことが11日、郡山署への取材で分かった。

 同署によると、5日午後、財務局を名乗る女が女性宅を訪問、女性にキャッシュカード1枚を封筒に入れるよう指示し、封筒をすり替えてキャッシュカード1枚をだまし取ったという。

 女が立ち去った後、女性が同居する家族に相談し、同署に通報。同署が口座を調べたところ現金が引き出されていた。

 同署は盗みの疑いで、女の行方を追っている。