福島でコンビニ店員にカッター突き付け...強盗未遂疑い男を逮捕

 

 14日午前6時15分ごろ、福島市のセブン―イレブン福島東高成蹊高前店から「男がカッターナイフを持って強盗しようとしている」と110番通報があった。福島署員が店に駆け付けると男はその場にとどまっており、同署は同日午前6時30分ごろ、強盗未遂の疑いで同市、職業不詳、容疑者男(55)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、福島市の同店で、男性店員(42)にカッターを突き付けて強盗しようとしたが、警察官が駆け付け未遂に終わった疑い。

 同署によると、容疑者はカウンター越しに店員に向けてカッターを突き付け「強盗だ」などと脅した。その間に別の店員が110番通報し、署員が駆け付けると、抵抗することなく確保された。当時、店内には数人の客がいたが、いずれもけがはなかった。同署が動機などを調べている。