出動式「一件でも事故減らす」 9月21日から秋の交通安全運動

 
パトロールに出動する白バイ隊員ら

 21日から始まる秋の全国交通安全運動を前に、県や県警などは18日、福島市のJR福島駅東口広場で出動式を行った。

 県交通安全協会や同市交通安全母の会連絡協議会などから約40人が参加。県警の和田薫本部長は「一件でも交通事故を減らすため、歩行者や運転者、それぞれの立場で協力してもらいたい」とあいさつした。式後、参加者は夜光反射材や「交通事故なし」の願いを込めた県産のナシを市民に配り、事故防止を呼び掛けた。

 秋の全国交通安全運動は21日から30日。子どもや高齢者を中心とした歩行者の安全や、夕暮れ時と夜間の交通事故防止などを重点的に訴える。

 県警によると、県内の交通事故は減少傾向にあるが、重傷事故は増加傾向にある。また信号機のない横断歩道での一時停止率が全国でワースト9位になるなど、新たな問題も浮上している。