「65歳以上」最多57万8839人 福島県内、高齢者割合32.1%

 

 県が発表した推計人口によると、県内の65歳以上の高齢者(8月1日現在)は前年より5718人多い57万8839人、県人口に占める高齢者の割合(高齢化率)は0.7ポイント高い32.1%となり、いずれも過去最多を更新した。県民の約3人に1人が高齢者の計算となる。県は高齢者も楽しめるスポーツ体験会の開催などを通じて元気な高齢者を増やす取り組みを進める。

 県は毎年「敬老の日」に合わせて高齢者の数を発表しており、高齢化率は1950(昭和25)年の4.6%から右肩上がりにある。15~64歳に対する65歳以上の比率(老年人口指数)も上昇が続き、50年は8.0だったが、今年は56.8となった。

 高齢者の割合は会津、南会津地域で高く、市町村別では金山町の59.7%をトップに昭和村56.9%、三島町54.1%と続いた。最も低いのは西郷村の26.2%で大玉村27.7%、郡山市28.0%となった。30%未満の自治体は鏡石町(28.1%)須賀川市(28.9%)本宮市(29.3%)を加えた6市町村にとどまった。

 70歳以上の人口は43万791人(県人口の23.9%)で、75歳以上は29万4786人(同16.3%)、80歳以上は19万3578人(同10.7%)。また65歳以上の男性は25万6039人で、女性は32万2800人。高齢になるほど女性の割合が増え、70歳以上は約1.4倍、75歳以上は約1.6倍、80歳以上では約1.8倍となった。

 県は「高齢者が生きがいを持ち、生き生きと老いることができる環境づくりが重要」(健康づくり推進課)としている。新型コロナウイルス感染防止対策を徹底しながら、ボッチャなどニュースポーツを体験できるイベントを県内7方部で開催する。