東京五輪へ清掃活動再開 新型コロナで自粛、福島の市民応援団

 
清掃作業に励む参加者

 東京五輪に関心がある福島市民らでつくる「2020ふくしま市民応援団」は18日、JR福島駅東口周辺で美化清掃活動を行った。参加者がごみ拾い、草取りに汗を流した。

 応援団は市が参加者を募り創設。毎月1回、東京五輪に向けて清掃活動「おもてなし美化活動」を展開してきたが、新型コロナウイルスの影響により、4月から約半年間、活動を自粛していた。同日、活動を再開した。

 約15人が参加。ごみ袋を片手に目の届きにくい場所にも注意しながら環境美化に取り組んだ。

 次回は10月20日に行う予定。問い合わせは東京オリンピック・パラリンピック競技大会福島市推進室(電話024・563・5660)へ。