新型コロナ、福島県で1人「感染」確認 3日連続、県計226人

 

 県は22日、相馬市に住む40代の会社員男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。21日に陽性が判明した。県内の感染確認は3日連続で計226人となった。

 男性は、19日に感染が分かった相馬市に住む40代の会社員男性の同僚。環境省によると、2人は大熊町の仮置き場で同省発注の工事に従事していた。同省の発注工事を巡る感染者は浪江、双葉両町などの作業場も含め計9人となった。

 21日に感染が判明した男性は15日に味覚障害などの症状が現れ、19日に医療機関を受診した。軽症で入院中。症状が出てから業務に従事していない。一般の不特定多数者との接触はないという。県が濃厚接触者の有無を調べている。

 また県は、21日までに陽性患者1人が退院したと発表した。県内の入院者は38人で重症者は1人。