台風12号接近...福島県内「警戒」 常磐線など一部路線が運休へ

 

 台風12号は日本の南から北上を続け、25日にかけて伊豆諸島から関東の東を北東に進む見込みとなった。台風や、活動が活発化する秋雨前線の影響で大雨の恐れがあり、気象庁は23日、土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けた。浸水、河川の増水・氾濫、暴風や高波、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要になる。

 台風の進路は当初の予測より東に変わり、東日本に上陸する可能性は低くなった。前線も台風の北上に伴って関東の東を北上するとみられる。台風が本県に最も近づくのは25日午前とみられ、県内では接近前の24日昼すぎから1時間に40ミリの激しい雨となる。

 福島地方気象台によると、24日午後6時までに予想される県内の24時間雨量はいずれも多い所で浜通り180ミリ、中通り150ミリ、会津120ミリ。25日午後6時までは中通りと浜通り100~200ミリ、会津100~150ミリ。24日昼すぎ以降は風も強まり、最大風速は海上で20メートルと警報級で、浜通りと中通りの陸上でも15メートルと予想される。

 23日に記者会見した気象台の高橋浩二観測予報管理官は24~25日に県内で大雨、暴風、低い土地の浸水などが見込まれるとし「住んでいる場所でどのような災害が発生しやすいか確認してほしい」と早めの対応と備えを呼び掛けた。県は事前に避難行動を策定する「マイ避難」を推奨。感染症対策のため避難所以外の安全な場所へ避難する「分散避難」も求めた。

          ◇

 JR東日本は23日、県内などの一部路線で24日の運転を取りやめ、運転本数を減らすと発表した。

 磐越東線は正午ごろからいわき―小野新町で、常磐線は午後2時ごろからいわき―原ノ町で、同6時ごろからは原ノ町―仙台で終日運転を取りやめる。常磐線の特急は一部区間で運休する。東北線は午後3時ごろから郡山―福島で運転本数を減らす。